真香道の理念

一般社団法人

京都九条流真香道

香りは文化のバロメーターとも言われ 生活水準の向上と
共に様々な分野で需要が高まり、本物の香りと茶を楽しむ人々が増えています。

“古くて新しい香りと茶の楽しみで癒しの世界へと導く”

一般社団法人 京都九条流真香道の考える“香りを楽しむ”とは、豊かさと
ゆとりを象徴する最も文化的で贅沢な精神の営みであり、
また芳香はいつの世にも快く感動的で人を酔わせるものであります。

香りと茶の文化美学は国境を越えた人間の共通本能の拠りどころであり、
それだけに身近で理解されやすい。
香りは私たちの持つ五感すべてを刺激し感性をかきたててくれるのです。

「嗅覚は視覚や聴覚より人間の心の糸を掻き立てる 」
キプリング 英国作家